緑内障の治療に静岡の眼科医に定期的に通っています

緑内障の治療もしつつ血糖値のコントロールも継続

失明までの進行は速く、怖い病気であることがわかってきました。
老化現象のあらわれでもありますが、知らない間に忍び寄ってくる病状から失明に至るようです。
血糖値が高いと他の部分に影響することを眼圧でよくわかりました。
糖尿病の進行で失明するという話を聞きましたが、緑内障という症状があることを改めて認識しています。
これからは、進行状況によってこの病院に通院してできるだけ進行を抑えるように頑張り、血糖値のコントリールも合わせて内科で続けているのが現状です。
怖い病気でありながら、自覚症状がなく自分に限って大丈夫だという甘い考えを反省しています。
なかなか症状がでないと眼科に行く機会はなかったですが、このような思わぬ検査結果で病気がみつかることもあるので定期的な眼圧検査を受けることをお勧めします。
検査当日は、運転などはできないことから検査することを怠らないようにしてください。

血糖値が高く静岡の眼科の検査で緑内障と診断 | 早期の発見で点眼薬の治療を開始 | 緑内障の治療もしつつ血糖値のコントロールも継続

緑内障|治療|静岡静岡市周辺 緑内障